彼女との連絡頻度

こんにちは!はちです!

今回は、彼女との連絡頻度についての記事です。

1つの記事にポイントは3つのみで、読んだ後からでも実践できる内容となっております。

 

毎日なにかしらの方法で取っている連絡。顔を合わせていないからこそ、相手がどう思っているのか、わかりにくいと思います。

カップルならではの悩みを解決し、普段から心地よい関係を築いていきましょう!

スポンサーリンク

彼女とどのくらいの頻度で連絡をとるべきなのか、付き合いたてのカップルや、お互いの忙しさに差ができ始めてしまったカップルなどは、特に悩まれると思います。

先日も読者様から、

「連絡頻度の不一致で、倦怠期をむかえてしまっています。」

「デート中はとても仲良しなのに、帰った後に連絡すると冷たく感じます。」

など様々なお悩みをいただきました。

 

はちとみつも、大学時代、お互いの生活リズムが合わないことから、連絡頻度が極端に減ったこともありました。

どちらかが暇な時に、もう一方が忙しいと「連絡が帰って来ない」と不安になってしまうものです。

では、どのような頻度で連絡を取り合うことが必要なのか、カップルで心地よくするためにはどうすれば良いのか、皆さんにお伝えしていきたいと思います!

世間はどのくらいの頻度で連絡している?

皆さんがまず初めに考えることは、このことではないでしょうか?

 

「自分は連絡頻度が多すぎるのかな?」

「周りはもっと頻度が少ないのかな?」

 

など、周囲の特にうまくいっているカップルとの頻度の差が気になることと思います。

では、世間はどのくらいの頻度なのでしょうか?

読者さま100カップルにアンケートを実施してみた結果がこちらです!

1日の連絡頻度(LINE、TEL...)
5〜10分…42%

10〜15分…30%

50〜60分…19%

0〜5分…7%

その他…2%

今現在、カップルでうまくいっているかどうか?
うまくいっている…78%

うまくいっていない…22%

さて、この結果からわかることとして、

うまくいっているカップル程、連絡頻度が少ない!

ということです。

 

連絡の方法は人それぞれだと思いますが、仲良しなカップルは、

自分の時間を大切にしている!

ということですね。

ちなみに、はちとみつも1日の連絡頻度は、10分〜20分程度です。

お互い自分の時間は大切にしているので、頻繁な連絡をとるということは滅多にありません。

お互いの連絡手段は知っておくべき!

さて、周りの皆さんの連絡頻度について知れたところで、次はお互いの連絡手段についてです。

これは、相手が、

SNSで連絡をとることが好きなのか

電話で話すことが好きなのか

ということです。

 

相手の主な連絡手段と自分とが異なっている場合、心地よい関係にはなれません。

彼女さんが、文字を打つのが面倒くさいから、電話で連絡をとりたい!と思っているのにも関わらず、頻繁にLINEをしていたら、もちろん良くないですよね(笑)

ここに関しては、お互いにすり合わせていく必要があると思いますが、まずは、相手の連絡手段を知っておくべきです!

スポンサーリンク

お互いにとって心地よい連絡頻度を見つけること!

最後に、心地よい連絡頻度を初めのうちに見つけておきましょう!

これは、とても重要なことであり、

 

付き合う前、付き合いたての時期に、心地よい連絡頻度がとれているカップルは長続きする!

 

このことは、はちとみつが常に思っていることでもあります。

付き合う前は、相手と何をしても楽しい気持ちになるため、無理してでも連絡をとりたい!という考えになりがちです。

しかし実際は、そのことが負荷となり、倦怠期をむかえてしまうカップルが多いのです。

つまり、初めのうちに、相手と会っていない時間の連絡頻度を決めておくことが大事ということです。

 

それでは、具体的にどのように決めていけばよいのでしょうか?

「ブログ見て思った」、「人から聞いた」、などの言い回しで連絡頻度を聞いてしまっては、彼女さんもびっくりしてしまいますよね(笑)

実際には、デート中、電話している最中などに、

相手が、友人と連絡を頻繁にとる人なのか、そうでもない人なのか

ここを探って見ましょう!

このことを知れるだけで、相手の連絡頻度がわかります。

ただ、自分ばかりが合わせる必要はありません。相手の連絡頻度と合わない場合は、一度話し合ってみることも重要なことです!

 

以上が、今回皆さんにお伝えしたい内容です。

実際に会っていない時に毎日はするであろう連絡。

その頻度や手段が合わないことが原因で、別れてしまうカップルはたくさんいます。

明日からでもすぐに試すことができるので、まずはお互いが心地よい関係になるために、一度探ってみたり、話し合ってみてください。

このことが、長く続く秘訣に繋がっているかもしれません!