デート代はどれくらい負担すべき?

こんにちは!はちです!

今回は、「デート代はどれくらい負担すべきか?」についての記事です。

これは学生から社会人まで、永遠のテーマだと思います。1つの記事にポイントは3つのみで、事例も交えてわかりやすくまとめてあります!

皆さんも是非ポイントを押さえ、実践に移してみてください!

スポンサーリンク

楽しい時間を共有できたり、お互いのことをもっと知れるデートは、カップルの仲を深めるためには必要不可欠です。

デートを励みにして、課題や仕事を頑張っている人も多いのではないでしょうか!

しかし、そこで問題になるのがデート代です。一般的に、デート代は月々の支出の約20%を占めると言われています。

好きな人の前ではスマートに振る舞いたいけれど、

負担が大きいのは避けたい・・・

お互いにとって気持ちの良いデートをするために、どんなことに気を付けていけば良いのかをまとめてみました!

スタートダッシュ型は自分を苦しめる

付き合い当初は、ついつい自分をよく見せようと頑張ってしまう人が多いと思います。

「俺が出すよ」なんてかっこつけて、デート費用を全て負担してしまうと、自分は苦しくなり、彼女にも気を遣わせてしまい、お互いにデートが楽しい時間ではなくなってしまうでしょう。

また、付き合い当初の価値観は今後付き合っていくうえで、そのカップルの基準になります。

 

つまり、最初からハードルを上げてしまうと、今後上げることはできても下げることは難しくなります。

誰しもが相手をがっかりさせたくないですからね。下手に背伸びはせずにありのままの自分を見せるようにしましょう!

相手の年齢に関わらず、きっちり割り勘はNG

では、背伸びはせずにきっちり割り勘で良いのでしょうか?

ありのままの自分を見せる=割り勘OK

ということではありません。

 

デート代は大きく飲食代、交通費、施設費に分類されます。交通費はそれぞれ違うので、自己負担で良いでしょう。

施設費も買い物だったりテーマパークだったり、場所は様々ですが、1人分の値段が決まっている場合や、買ったものによってその都度彼女と相談して決めることができます。

 

問題は飲食代です。

男性と女性を比べると大抵は男性の方がよく食べます。

つまり、デートで外食をし、夕飯代を割り勘した結果、女性の方が損をしてしまいます。

 

また女性は日常的にお金がかかります。化粧品代や洋服代、服飾品代など男性よりも自分を着飾ることにお金をかける人が多いです。

自分と会うためにオシャレをして来てくれたんだな…と思って、飲食代は男性が多めに出すことがベストです!!

スポンサーリンク

彼氏はどのくらい負担すべきか?

最後に具体的な話をします。実際に彼氏はどのくらい負担すれば良いのでしょうか!

実体験や周りにいるカップルの事例も交えて考えたいと思います!

★はちとみつの場合(7年2ヶ月)

・岩盤浴デート はち みつ
飲食代
(夕飯代)
6 4
交通費
(車、ガソリン)
8 2
施設費
(岩盤浴)
6 4

私は彼女と割り勘は嫌なタイプなので、5:5は滅多にありません(笑)

しかし、みつに気を遣わせるのも嫌なので、自販やコンビニで買ったお菓子や飲み物代はみつに払ってもらうことが多いです!

交際期間によって、あまり気にせず臨機応変に対応できるようになります(笑)

 

★AくんとBさんの場合(6ヶ月)

・お買い物デート 彼氏 彼女
飲食代
(夕飯代)
7 3
交通費
(電車)
5 5
施設費
(買い物)
5 5

私たちの友達カップルに話を聞いてみました!

付き合いが浅かったため、Aくんは夕飯代をちょっと頑張ったと言っていました。

その他の出費で自己負担が多かったこともあり、最後にかっこいいところを見せたかったようです(笑)

トータルで見て負担額を考えるのもいいですね!

 

★CくんとDさんの場合(1年9ヶ月)

・ディズニーシー 彼氏 彼女
飲食代
(夕飯代)
7 3
交通費
(電車)
5 5
施設費
(テーマパーク)
6 4

彼等はディズニーシーに行った時の話をしてくれました。

チケットは前もってCくんが買っていたので、後で端数を省いた分のお金をもらったそうです。

何もかもがスマートですね(笑)

テーマパークでは食べ歩きが多いため、その都度どちらかが払うといった方法で交互にお金を出し合ったそうです。

 

3つの事例を見比べてみても、男性の負担額は大体6割~7割が多いと言えますが、交際期間や場所、彼女のタイプによっても変化してくると思います。

 

大切なのは

彼女に気を遣わせないスマートな支払い

だと考えます!

 

お互いに財布を出し合って気まずい雰囲気にならないよう、

Cくんのように事前にチケットを買う

Aくんのように「今日のデートは割り勘が多いな」と思ったら、カフェ代や夕飯代で調整する

など、彼女のことを考えて行動していますよね!

 

スマートな支払いで自分も相手も楽しいデートにしましょう!