家事を分担するコツ

こんにちは!はちです!

今回は、家事を分担するコツに関する記事です。

1つの記事にポイントは3つのみで、読んだ後からでも実践できる内容となっております。

 

付き合ってからある程度の時期になると、必ずと言ってよい程話題になること、それは、同棲、半同棲についてです。

最近では、互いに実家暮らしのカップルは少なく、どちらかは既に一人暮らしをしているという事例が多いです。

そのような場合、お相手はおうちデートをしに、遊びにいくことも多いのではないでしょうか?

そんな時に、すれ違いの原因にもなり得ることが、家事の分担です。

初めは積極的にやってくれたのに…
彼氏(彼女)が家事を一切やってくれなくてストレス!
同棲で慣れてくると、どちらも相手任せになってしまいます。

このように家事については様々な意見が挙げられています。

 

今回は、そのような皆さまからのお悩みの一つでもある、家事の分担ついて記載していこうと思います。

 

お互い思いやりを持ち、日常生活を協力していければ、必ず仲の良いカップルになれること間違いなしなので、是非チェックしてみてください!

スポンサーリンク

家事を継続させるためには、相手の仕事をやってみることが大切

家事を分担し、ある程度の時期を過ぎると、必ずと言ってよい程、だらけてしまうことがあると思います。

もちろんお互いがマンネリしているとか、そういったことではなく、ただ単に日常に慣れ、やらなくても事が進んでいくという、人間の心理が働くからです。

ここでだらけてしまうと、やらないことへの癖がついてしまい、やることへの抵抗感が生まれます。

ちなみに、いい意味でも悪い意味でも、癖は2週間でついてしまうそうです。。(笑)

 

では、その慣れてきた時期に、どう対処していけばよいのかというと、、答えは簡単です。

相手の仕事(家事)をやってみるということです。

これは、はちみつデートのブログに多々登場しているワードでもある、思いやりに直結します。

カップルが長続きする秘訣は、相手のことを思いやれるかどうかが非常に大切なのです。

つまり、今回の家事においても、相手の大変さを知ることで、互いの感謝の気持ちが芽生え、その日からまた順調に物事が進んでいくということです。

 

一見簡単そうかもしれませんが、慣れてきたときに、家事をチェンジする提案をしてみることが難しいと思います。

なぜなら、先ほど述べたように、やらなくても事が進んでいくという、人間の心理が働くからです。

 

明日聞いてみようかなーではなく、是非その日中に相手に伝えてみて、家事を交換してみてください!

男性は力仕事、女性は匂いの変化がある仕事をすると、長続きする

いざ、家事を分担しよう!となっても、何を分担すべきなのか長続きできるのだろうか、など疑問や不安があると思います。

実際に読者の方からは、

はちさんとみつさんは、何の分担でうまくいっていますか?
彼氏に何を託せばやってくれますか?

などの声も多々あります。

 

そのようなお悩みを解決する方法として、

男性は力仕事を担当する。女性は匂いの変化がある仕事を担当する。

この分担法が一番効果的となります!

 

実際に、はち、みつも実践しているのですが、現在も継続的に分担できていると思います。

例えば、男性の場合、ごみ捨て、洗い物、風呂、トイレ、エアコン等です。

どれも力がいる作業ですが、男性は一つの部分をきれいにすることに長けています。

パッと見では気づかないが、日常では必要不可欠な部分を担当するとうまくいきます。

 

これに対し、女性の場合、部屋掃除、洗濯、部屋の模様替え、モノの整理整頓、料理(男性も可)等です。

女性は、自身が担当している部分の前後で匂いが変化していることを好みます。

部屋掃除でのリセッシュや、洗濯での柔軟剤の匂いなど、匂いが良くなることで、嬉しい!楽しい!という気持ちが生まれるということです。

 

これらのように、男性と女性の分担を適当に決めるのではなく、力仕事、あるいは匂いの変化を楽しむ仕事、ここで分けることで、長続きする要因になると思います!

 

初めの章でも書いたように、もちろん慣れてきた場合は、互いの作業を交換することもオススメです!

スポンサーリンク

家事をサボる日を作ると、長続きする

最後にお伝えしたい内容として、毎日やる必要はないということです。

コツコツとやることも重要ですが、はちとみつ自身も、必ずサボる日を作っています。

お分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、家事を張り切れば張り切るほど、スタートダッシュ型となってしまい、継続が難しくなってしまうからです。

ただ、サボるといっても、そのような日が頻繁に起こるのではなく、仕事が忙しかったり、他にやることがあるから今日はやらない、とたまーにやってみることが重要です。

半同棲中の方は、彼氏(彼女)が来ない日はサボってみたり、逆に遊びに来たときにサボってみたりも可能です。

互いの細かさにも依るところがあると思いますが、このやらない日の頻度をお互いに話し合い、初めに決めておくことで、長続きに役立てると思います。

是非、やらない日を作り、カップルでお喋りの時間に費やしてみてくださいね!

 

以上が、今回皆さんにお伝えしたい内容です。

カップルにとって、家事をどちらがやるかを決めることは、互いにストレスを溜めない方法の一つでもありますし、長続きする秘訣にもなります。

半同棲中の方、同棲中の方、様々だと思いますが、今日からでも実践していただき、相手のことを思いやれる家事分担をしてみてください!

いずれ良い方の癖となり、カップル、夫婦のスタイルが確立していくこと間違いなしです!