【4G,LTE,wifi解説】インターネットが繋がらない、速度が遅くて動画が見られない原因とは?

【4G,LTE,wifi解説】インターネットが繋がらない、速度が遅くて動画が見られない原因とは?

こんにちは!

はち&みつ(@hachi_mitsu0324)です!

今回は、インターネットに関する内容です。

ここ最近、読者の方からネットに関する質問が多いため、この記事で解説していきたいと思います。

はちは通信系で仕事をしているため、この機会に解説し、通信に関して少しでも理解していただければと思います。

近日中に引越し、同棲の方向けに、ネットのおすすめ通信会社もお伝えしていきます。

※記事upしました!

ネット契約をする上で、おすすめの通信会社の比較記事はこちらとなります。
【NTT、au、J:COM、ソフトバンク比較】引越し後にテレビネット契約!安い、繋がる、おすすめの会社は?

ここ最近の、ネットの繋がりやすさについて

皆さんは引越し、同棲で新生活が始まると、まず初めに、

インターネット(wifi)が使えるようになりたい!

と感じている方が多いと思います。

最近はネットさえ繋がれば、たくさんの情報を手に入れることができますし、SNSやYouTubeなどコンテンツで遊ぶこともできます。

しかし、繋がりが悪いと、ページが変わらなかったり動画がカクカクしたりと、ストレスになってしまいますね。

ただ、なぜ繋がりが悪いのか、どこがおかしいのか、理由がわからない…

と疑問に感じている方も多いと思います。

そのため、まず初めに、通信について簡潔に解説していきます!

繋がりやすさとは?

皆さんは、ネットが繋がりやすい、繋がりにくい、ということを一度は感じたことがあると思います。

ヤフーで調べものをするときに、さくさく情報を手に入れられる。

しかしYouTubeで動画見るときに、なかなか動画が始まらない。

このように、コンテンツによって、繋がりやすさは異なります。

簡単にイメージすると、動画の方が、写真等よりもデータ量が大きく、スマホに表示させるまでに時間がかかるということです。

もちろんオンラインゲームやネットTVなどもデータ量が大きいので、家の繋がりが悪いと、途切れることが起きてしまいます。

下り速度と上り速度で繋がりやすさは異なる

ネットには、情報を送る、情報を受け取る、これら2種類あり、どちらかが欠けていると、インターネットを使うことができません。

そのため、速度が遅くなる原因としては、どちらかに問題がある可能性が高く、それによって繋がらない、低速ということが起きます。

上り速度が原因で繋がらない例

・ライブチケット応募など、特定の時間に利用者が一斉に申し込みをする。

・ドラマの次回予告を見るために一斉にアクセスしようとする

下り速度が原因で繋がらない例

・超高画質の動画を見る

・スマホ、タブレット、ゲーム機など、複数の機器で同じwifiでネット利用している

このようなことが原因で、通信の渋滞が起こり、繋がりにくくなってしまいます。

マンション、戸建てで、繋がりやすさは異なる

意外と知られていないのですが、マンションなどの集合住宅と一軒家では、一般的に繋がりやすさ異なります

結論から言うと、戸建ての方が、通信速度が良いとされています。

簡単に説明すると、通常の家は、電柱間の線(幹線と言います)から家の外壁に向けて、線がいくつか入ってきています。

この線はそれぞれ、電力線、通信線と言われ、家庭で電気やネットを使用するのに大切なものです。

地上からの高さが低い方が通信線、高い方が電力線となります。
一戸建ての場合は契約をしないと線は引き込まれません。

戸建ての場合は、基本的に一世帯一本ですが、アパートやマンションの場合、複数世帯で一本引かれ、棟内で線が分配されています。

wifiは家の中では無線でも、棟内から契約会社までは有線で接続されています。

そのため、マンションの場合は、他の部屋が同時にwifiを使用していると、通信の渋滞が起こってしまうのです。

戸建ては線を独り占め、マンションは線を分け合って使っているというイメージです。

これがwifiの仕組みであり、繋がりやすさの違いとしても現れるのです。

4G、LTEとWi-Fiの違い

続いて、4G、LTE、wifiなどの用語の違いについて説明していきます。

4G、LTE
一般的にNTT、KDDI、SoftBankが持っている通信のこと。日本各地にある基地局という場所から電波を発信し、各スマホ、タブレットへ無線で接続する。
wifi
特定の場所で使うことができる無線通信のこと。wifi環境には必ずモデムという機器があり、そこから電波が発信されている。モデムから外へは、有線接続されている。

簡潔に言うと、4GやLTEは山奥とかでない限り使用でき、wifiは家の中やカフェなど、特定の場所で使うことができます。

この説明だけを聞くと、

4Gだけあれば良く、wifiはいらないのでは?

と感じる方もいると思いますが、4GやLTEは、スマホの契約によって、毎月使えるデータ量が決まっています

そのため、外で動画やオンラインゲームばかりしてしまうと、いずれ制限がかかってしまうのです。

対してwifiは、別途通信会社(NTTとかJ:COMとか)に月額使用料を支払っており、基本的に使い放題です。

最近では、ネットでできることが増えてきており、データ量をたくさん使うことで、楽しめるコンテンツがたくさんあります。

そのためwifiを家で契約していないと、すぐに制限がかかってしまいます。

まとめ
・4G、LTE…1ヶ月に使用できるデータ量がスマホやタブレットの契約(auやdocomoショップ)をしたときに決められている。その量を超えると制限がかかる。

・wifi…基本的に使い放題。しかし、NTTやJ:COMなど携帯会社以外と契約する必要があり、別途月額が発生する。

誤解している!最大通信速度のお話

さて、ここからは、wifiに関しての解説をしていきます。

wifiを契約しよう!と考えて、いざ調べると、各社で最大通信速度1Gとか2Gという言葉が出てきており、何のことかよくわかりませんね。

最大通信速度
その会社の通信サービスで、理論上出すことのできる最大速度。実際には利用者が複数いるため、最大速度は出ない。

ざっくり説明するとこのような感じです。

最大通信速度だけで契約を決めてしまうと、

使ってみたら繋がりにくかった…

ということが起こってしまうのです。

通信速度が本当に良いか悪いかは、その地域にもよりけり、さらにその地域のインフラがしっかりしているかどうかも重要になってきます。

このことはネットで調べると、出てくることがあります。契約をするときに、ホームページに出ている速度だけを見て決めるのではなく、「NTT 通信 ○○市」などと検索をしてみるのも良いでしょう。

具体的にどのくらいの速度があれば良いの?

では、具体的にどのくらいの速度があれば、接続できるのでしょうか。

1G(ギガ)=1,000M(メガ)ということを基準に考えてみると、

YouTubeなどの動画サービスの場合

上り速度5~10M、下り速度40~50M

株、FXなどの投資をする場合

上り速度5~10M、下り速度20~30M(接続台数にもよる)

オンラインゲームをする場合

上り速度10~30M、下り速度30~50M

上記一例ではありますが、実際、このくらいの速度があれば問題ないことが多いです。

もちろん速度が速いサービスに越したことはないですが、高速通信の契約は月額料金も高くなります。

そのため自身の用途生活環境(一人暮らしorファミリー)に合わせて契約することが重要となってきます。

【まとめ】速度が遅くてネットの繋がりが悪い原因とは?

さて最後に、まとめとして、ネットが繋がりにくい原因をまとめてみました。

当てはまる項目があるかどうか、今一度確認してみましょう。

世帯数の多いマンションに住んでいる

一章でお伝えした通り、世帯数が多いと、通信の渋滞が起こってしまいます。

低速サービスを利用している

契約のサービスが低速プランであると、繋がりにくさが生じます。

wifiの機器から使用している距離が離れている

wifi電波は距離が遠くなるほど繋がりが悪くなります。

wifi契約会社の地域評判が悪い

地域によっての相性があり、特定の会社のサービス品質が悪いことがあります。

同時に複数台使っている

例えば複数台同時で動画を見ていると、wifiの機器で渋滞が起こってしまいます。

違法サイトを使っている

違法サイトは特殊プログラムが組まれており、ウイルス感染すると速度低下となります。

最近台風や震災の被害を受けた

台風などで、外の線が損傷すると通信状態が悪くなります。

機器の接続口、ケーブルに傷が入っている

ケーブルが曲がりすぎていたり、モノの下敷きになっていると繋がりが悪くなります。

密封された空間に機器を入れている

機器は高温になってしまうと、中の部品が損傷し、故障の原因となります。

スマホなどの端末が故障している

スマホ、タブレットなどの受信する機器が故障していると、電波状態が悪くなります。

最後に

以上が今回お伝えしたい内容となります。

ネットが繋がらない原因は様々で、自身で特定するのは大変難しいことだと思います。

しかし、先ほどの項目に当てはまっていることがほとんどです。

家の中の環境であれば、一度確認してみること、さらにケーブルや外的要因であれば、契約会社に問い合わせてみることで改善に繋がっていきます。

ネット環境を良好にし、ストレスなく利用できるよう、今一度チェックしてみてください!

※次回の内容で、おすすめの通信会社をご紹介いたします。

新規、乗り換えを考えられている方は是非参考にしていただければと思います。
→【NTT、au、J:COM、ソフトバンク比較】引越し後にテレビネット契約!安い、繋がる、おすすめの会社は?

関連写真はSNS(instagram,twitter)上にアップしております!

さらに、ご意見ご感想、ディベート参加希望等ございましたら、お問い合わせフォームよりお待ちしております。