6.結婚式服装、費用など、プランを立てて準備を始める

こんにちは!

はち&みつ(@hachimitsublog)です!

今回は、結婚式に向けた各種準備に関する記事です。

結婚式というと、

豪華な料理を食べられる
友人の結婚は特に感動する!
ご祝儀がかかる…

など、参加する側の意見や感想は様々です。

しかしこれと同じくらい多いコメントとして、

結婚式の準備は何から始めるべき?
スケジュールはどう組めばよい?

など、結婚式をする側のお悩みもあります。

はちとみつは、先日婚約し(前回記事に詳細を載せております)、それから1ヶ月後から、結婚式準備に取り掛かりました。

もちろん初めは何もわからず、時には喧嘩もしていましたが、今ではプランをしっかりと決めることができ、結婚式が楽しみです!

そんなはちとみつの実体験を基に、服装、費用などの準備、さらにはプランの立て方等をお伝えし皆さんのお悩みを解決していきます。

結婚式予約は半年~9ヶ月前からチェックする

はちとみつが始めに驚いたこと、それは、

結婚式の予約が取れない!

いろいろと調べていく中で、今は、半年以上先まで埋まっていることが多いらしいことを知りました。

後日談ですが、プランナーさんからは、

少なくとも半年~9ヶ月前からは予約すべきです。

と言われ、私たちの考えの甘さが露に。笑

ただ、昔と異なり、お日柄へのこだわりが少なくなっているようで、大安、先勝以外にも、式場は賑わっているそうです。

そのため、都合の良い日程で選べるメリットはあります。

ちなみに仏滅に結婚式を挙げると、割引が適用される場合があり、場合によっては20~30万お得になります!

考え方は人それぞれですが、このお日柄は縁起が良いという方もいます。

仏滅(=お日柄が一番悪い)に挙げることで、今後は良いことしかないという考え方を持つ方が増えてきている。
割引やキャンペーンが適用されることが多いため、予算をできるだけ削減したい方にはおすすめ。

はちとみつも日程調整しましたが、結果的に仏滅の日に決定しました!笑

ただその日も残り1枠であったため、時間は選べませんでしたが。。

お日柄関係なく、本当に早めの予約が必要だと感じました。

予算から決めるのはNG!まずはネットや雑誌で調べることがら始める

結婚式をこれから計画される方は、

何から手をつければいいのだろう…

と不安に思うかもしれません。

その中で、ほとんどの方が初めにやることは、

予算は○○円くらいがいい!

と金額から決めてしまうということです。

しかし、結婚式プランを決める際、予算から決めてしまうと、以下のデメリットがあります。

・見積もり後にかかる費用でオーバーになり、最終的にお金のことばかり考えなければならなくなる。

・式場1つ見に行くだけでも半日はかかるため、なかなか決まらなくなってしまう。

・決まらないことがきっかけでカップルでの喧嘩が増える

・ドレスや装飾、食事等のクオリティーが下がってしまう

このようなことが起こってしまいます。

せっかくの結婚式の準備なのに、もめてばかりだと挙式をすること自体が嫌になってしまいますよね。

そのため、基本的にはノープランでOKです。

なぜなら、一生に一度の結婚式、自分自身に経験談がある訳でもないですし、もし複数回されている方がいた場合でも、相手によって価値観が異なるからです。

では、ノープランの今、どのように準備をしていけばよいのか、準備に関するおすすめをご紹介いたします。

結婚するなら!ゼクシィを買ってみる

まず初めにご紹介することは、ゼクシィに頼ってみることです。

ネットで調べることも大切ですが、どれが有効な情報かを自身で判断しなければいけません。

ゼクシィは、リクルートがこれまで調査したデータを基に、信頼性の高い内容をお伝えしております。

結婚式に必要なもの、人気の場所など、様々な情報が詰まっているため、購入してみることで、これまでのモヤモヤが晴れると思います。

プロや経験者を参考にしてみることが大切だと思うので、何からやろうか迷っている場合は、是非本屋に足を運んでみてください!

もちろん結婚前に買って、ゼクハラにならないように気をつけてくださいね!笑

ブライダルフェアに行ってみる

続いて、ここ最近、様々な式場やホテルで行われているブライダルフェアに行ってみることをおすすめします。

※ブライダルフェアデートは、はちとみつも実際に行ってきました!その時の様子をブログに記載しております。

はちとみつのデート「ブライダルフェアデート」

ブライダルフェアはお金がかかることもなく、実際のプランナーさんとマンツーマンでお話ができるため、プロに委ねてみることで、一つ一つ解決できると思います。

しかも、実際に式で出てくるコース料理を試食することができたり、デザートを堪能できたりします。

足を運ぶため、式場の紹介等で半日はかかってしまうと思いますが、デートとして行ってみるのもありです!

本を読むよりも、直接会って話したい!と思われている方は、ノープランのまま、とりあえず1箇所訪れてみてはいかがでしょうか?
【得ナビ ウェディング】

結婚した友人に聞いてみる

実際に結婚した友人や知り合いに、準備等の話を聞くことも大切だと思います。

みつの周りには、結婚式を挙げられている方が多いため、いろいろと情報を聞きました。

実際に話してみて

見積りと実際かかった費用の差が大きかった

という意見が多く出ており、グレードによっては100万以上高くなってしまったという夫婦もいました。

経験された方の話はとても参考になるため、身の回りに結婚されている知り合いに、一度聞いてみるのもありですね。

ハナユメを使ってみる

最近は、結婚専用サイトやアプリが普及しており、結婚式までのフロー等が細かく書かれています。

その中でも、今私たちが一番おすすめのサイトは、ローラさん出演CMのハナユメです!

こちらのサイトは、結婚情報がほぼ全て載っており、その人に合ったプランを見つけることができます!

さらに結婚に関するお悩み相談も無料で受け付けており、公式サイトということもあるた信頼性の高い情報が得られます!

特にこれからの世代は、お金をなるべくかけない風潮から、格安婚が普及してきます。そんな方もハナユメはとても便利なサイトです!

格安婚
ホテルや式場のような場所にとらわれず、費用を抑え挙式をするスタイル。最近ではベンチャー企業の参入により、人材のスキルアップしたいニーズ(人件費削減)と結婚式を格安で挙げたいニーズがマッチし、安く挙式ができる。

結婚式のコスト削減したい!とりあえずスマホで情報収集したい!という方は、まずは専用サイトやアプリから入るのも良いと思います!

プランナーさんとは綿密にやりとりをする

上記の方法で、進めていくと、徐々に結婚式の相場や、準備すべきことが明らかになります。

プロの意見や、経験者の話から

パートナーとこんな結婚式を挙げたい!

と意思が固まったら、式場を決めましょう。

二人で話し合って決めたので、きっと後悔はしないはずです!

式場が決まったら、お金をどのくらいかけて、どのくらいのスケール、豪華さにするかをプランナーさんとやり取りしていきましょう!

初めの頃はあまり接する機会がないですが、メールや電話で接触することはできます。

二人だけでは解決しない、プロの意見に耳を傾けてみましょう!

ちなみに、私たちのプランナーさんも本当親切な方で、遅くまで話を聞いてくれて、この時点でとても感謝しています。

私たちは、ナチュラルをイメージしている結婚式場で挙げたいと思い、さらにプランナーさんの評判が良く、コストもそこそこ抑えた場所という候補から、

最終的にこちらの結婚式場に決定しました!

アニヴェルセル豊洲

さらに、

コストを抑えるのであれば、招待状等はご自身で作られますか?

というお話をされました。

全て外注する場合

最近はコストを削減するということで、あまりおすすめはできませんが、自分たちの時間を割く必要が無いため、時間の有効活用できるメリットがあります。

以前は、招待状や装飾等も全てプロにお願いし、式を挙げていた方が多いと思いますが、オプションをつける、グレードを上げることで高コストになってしまう可能性があります。

自分たちで手作りする場合

記に対して、自分たちで手作りすると、結婚式準備の時間はかかりますが、コストを削減できるメリットがあります。

最近では、結婚式の服装も、見習いのデザイナーさんと共同で作り、ドレス費用を削っている方もいらっしゃいます!

何でもありのこの時代だからこそ、招待状、引出物、各種装飾等、パートナーで作ってみるのもいいですね!

ちなみにはちとみつは、招待状や装飾は自分たちで作ることを選びました!

みつの友人には、ほとんど手作りで挙げた方もいましたが、私たちは、プロに任せるところ、自分たちでやるところをプランナーさんと話し合って決めました。

以上が今回お伝えしたい内容となります。

プランを立てて準備することは大変だと思いますが、今は様々な決め方があり、パートナーと一緒に調べるのも、実際に足を運んでみてプランナーさんと話してみることも良いです。

これから、はちもみつも、結婚式について細かく決めていくことが多いと思うので、結婚式に向けて、随時ブログupしてきたいと思います!

さて、次回は同棲についてお伝えします!

はちとみつは、結婚式の準備が一段落した後、同棲に向けての住まい探しをしました。

これから一緒に暮らそうと考えている、もしくは同棲したい!と思っている方は是非読んでみてください!

関連写真はSNS(instagram,twitter)上にアップしております!

さらに、ご意見ご感想、ディベート参加希望等ございましたら、お問い合わせフォームよりお待ちしております。