プロポーズや記念日に彼女へサプライズプレゼント

【妊娠7ヶ月目(24〜27週)】仰向けは危険!お腹が苦しくならないマタニティライフで症状軽減!

こんにちは!はち(旦那)みつ(妻)です!

今回は、妊娠7ヶ月目の症状など体験記についてお伝えしていきます。

7ヶ月目になると、お腹がどんどん大きくなり、苦しさも増すようになります。

そのため眠りも浅く、翌日疲れているなんてことも。。

特に仰向けで寝ている方は要注意なので、是非チェックしてみてください!

妊娠7ヶ月目の症状

前回の記事では、妊娠6ヶ月目として、下腹部に痛みがで始めたこと、さらには胎動を感じるようになったことなどをお伝えしました。

 

妊娠7ヶ月を迎えると、お腹がさらに苦しくなり、眠りが浅いなどの症状がありました。

 

妊娠7ヶ月目の症状

・下腹部の痛み

・お腹の張り

・眠りが浅い

・便秘

・胎動

7ヶ月に入り、お腹は更に前に出てきました。

 

この頃の服装は、マタニティパンツかゆったりめのワンピースを着て、大きくなったお腹をきつく締め付けないようにしていました。

仰向けで寝ることは危険!低血圧になることも

お腹が大きくなったため、今までのように仰向けで寝ることが苦しくなりました。

仰向けで寝ると、むくみがひどくなったり、低血圧になってしまう場合もあるそうです。

私はそのような症状はなかったのですが、寝起きにお腹が張っていたり、ひどい腹痛に苦しんだことはありました。

寝起きすぐにお腹が痛くなる人は、自分の寝る姿勢に問題があるのかもしれません。

 

私は布団や枕にしがみつき、左側を向いて横向きに寝るように心掛けました。

ですが、元々仰向きで寝ることが好きだったため、寝ているうちに寝返りを打ってすぐ仰向けに戻ってしまっていました(笑)

はちが起きている時は、私に声を掛けて再度横向きを促してくれたこともあったそうです。

 

そんな寝心地問題があったからか、眠りが浅くなり夜中に目を覚ますことが増えました。

妊婦用抱き枕で快適な睡眠を

7ヶ月後半には妊婦用抱き枕を購入し、横向きでも快適に眠れるようになりました!

それでも激しい胎動に起こされることも多いので、仕事が休みの日は昼寝を1時間半程して睡眠を補っていました。

 

昼寝をすることに対して

怠けているな~…
時間を無駄にしている

と抵抗を感じる人も多いと思いますが、お母さんの疲れやストレスはお腹の赤ちゃんの健康問題に直結します。

 

今はしっかり休むことが仕事だ!と思って、十分な休養を心掛けてくださいね!

 

\みつも使用しているおすすめ抱き枕はこちら/


Amazonでベストセラー、口コミの評価も高かったため、私も購入しました!

妊娠7ヶ月目の体重の増減について【太りすぎは難産の恐れ】

6ヶ月目からコツコツと始めた運動の成果か、妊娠前に比べて体重は2kgのみ増加!産婦人科で褒められました(笑)

体重の急激な増加は産道に余分な肉がつくため、赤ちゃんが通りにくく難産になることも多いそうです。

母子健康に出産するためにも、体重増加については引き続き気を付けていました。

ストレスがかからない程度にリラックスをしながら取り組む

私は元々食欲旺盛なタイプのため、妊婦になって食欲が爆発することはありませんでした。

 

朝昼晩のご飯はしっかり食べ、間食にはフルーツやナッツ類、お菓子は比較的低カロリーなせんべい類を食べるように意識していました。

とは言え、そこまで我慢せず、食べたいものを食べてリラックスして過ごしていた気がします。

自分が食べたものが赤ちゃんの栄養に繋がると思って、色々な食材をバランス良く食べられるといいですね!

【早産の危険性】動きすぎでお腹が苦しくなり先生から注意

体重が増えていないことに喜び、今まで通り動いていた結果・・・産婦人科で

動きすぎですよ

と注意されてしまいました。

保育士というハードな仕事、洗濯や料理等の家事をはりきってやりすぎてしまったようです…(笑)

 

子宮頸管の長さは正常値だったものの、お腹の張りや痛みは決していいことではないと産婦人科で言われました。

子宮頸管…子宮の外側の入り口である「外子宮口」から、赤ちゃんの入っている内側の入口である「内子宮口」までのこと。妊娠初期には40mmくらいだが、妊娠末期には次第に短くなって25mmくらいになる。

 

干す時に重い洗濯物を持ってしまったり、食器を食器棚に片付ける際にしゃがんだり…思い当たる節はいくつかありました。

しゃがんで立つという動作を繰り返すことで屈伸運動が起こり、お腹の張りや痛みに繋がってしまうそうです。

このままでは早産になってしまいますよ

とお医者さんに言われ、私は反省しました。

 

しゃがむ動作を伴う家事や重い物を持つことを止め、お腹が張った時はすぐに横になって休むようにしました。

 

少し休むとお腹の張りは解消され、また動くことができます。

初産はお腹が張る感覚がわかりづらいので注意!

私のように初産の場合は、張りがどういうものなのかわかりづらい方が多いと思います。

・お腹が硬くなる

・生理痛のような痛み

・腰が重い

等の症状がある場合は張りだと考えられます。

無理せずゆっくり休んでくださいね。

 

普段から自分のお腹を触っておき、“普段の硬さ”を知っておくことも重要です!

最後に

以上が妊娠7ヶ月目の症状などの体験記事となります。

この時期は体調が良く、ついつい動きすぎてしまう時期。

私も先生に注意されました。笑

くれぐれも無理なことは控えて生活していきましょう!

 

さらに睡眠についても、仰向けはなるべく避け、横向きで寝られるように改善をしていきましょうね!

最後まで見て頂きありがとうございます!

SNS(twitterinstagram)でも、情報をお届けしております!

ご意見ご感想等ありましたら、お問い合わせフォームよりお待ちしております。