【出産レポ前編】予定日より3週間早く産まれました【無痛分娩はおすすめです!】

【出産レポ前編】予定日より3週間早く産まれました【無痛分娩はおすすめです!】

こんにちは!はち(旦那)みつ(妻)です!

今回は、私みつの出産レポをお伝えします。

2020年7月28日に無事出産をすることができました!

当初の出産予定日よりも3週間早い、妊娠37週目0日という快挙を成し遂げ、正直びっくりです。(笑)

私は無痛分娩を選択したので、それについても詳しくお伝えしていきます!

【出産日前日】腰痛がひどくなり産婦人科へ

出産日前日(妊娠36週目)の午前中、腰痛がひどくなった私は、念のため産婦人科に電話をしました。

 

先生からは、

一度診察に来た方がいい

と言われたため、私ははちと一緒に産婦人科に訪れました。

 

内診をした結果、

陣痛による腰痛ではないから大丈夫!明日から正期産ですね。

と言われ、とりあえずホッとしました。

 

正期産…妊娠37週から41週までの出産のこと。この期間の出産は、母子ともに最もリスクが低い出産と言われている。

 

さらに先生から、

もう十分育っているのですが、産んじゃいますか?

とさらっと言われ、急に現実味を帯びてびっくりしました。

 

分娩の90%以上は正期産での出産となります。

 

しかし、先生の考え方によっては、2,500gを超えていれば、36週目での出産も可としているところもあるそうです。(自身での判断はNGです!)

 

私の場合、

・既に赤ちゃんが2,700g前後あった

・腰痛が酷かった

これらのことから、先生が促進剤を打つかどうかの選択を提案してくれたということです。

 

ですが私は、

赤ちゃんが出てきたいタイミングで出産したい!

と思っていたため、促進剤を打つのを拒否し、自然に陣痛が来るのを待つ選択をしました。

 

【生理並みの出血】これっておしるしかも!?

ホッとして、産婦人科からの帰宅してすぐ、何気なくトイレに行ったら、出血が…!

さっき産婦人科で内診したからかな??

とも思いましたが、

血が出た。おしるしかもしれない

このようなことも考えていました。

 

ちなみに、正期産前の常位胎盤早期剥離の可能性もあると考えて、再度産婦人科に電話をしました。

産婦人科の先生からは、

おしるしかどうかは見てみないと分からない、胎盤剥離の可能性も0ではないから、心配なら来た方がいい。

と言われました。

 

常位胎盤早期剥離…子宮壁の正常な位置に付着している胎盤が、通常は妊娠20週以降に剥がれてしまい、性器出血や激しい腹痛が起こること。

 

しかし、午前中に診察をしていること、他に症状がなかったことから、診察には行かず、自宅で様子をみることにして過ごしました。

 

正期産初日(妊娠37週目)の夜中に破水…!

その日の夜、はちと私はいつも通り夕飯を食べていました。

明日から正期産かー!でも予定日は8月18日だから気長に待とうね!

そんな話をして、産まれてくる子供を待ち望んでいました。

 

夕飯の残り物を片付けている時、

明日もし産まれたらこの残り物は、はちが食べることになるねー!

まだ産まれてくるなんて思ってもいなかったため、こんな冗談も言い合っていました。笑

 

しかし、事態は突然急転しました。

 

夜中3時頃、いきなり布団がびしょびしょに

あれ!?漏らしたかも?破水!?

と大きな声ではちを起こしました。

 

慌てて二人で確認したところ、水のようなものが滴っており、

破水かもしれないから産婦人科に電話をしよう!

と夜間受付に電話をしました。

 

産婦人科に電話をして急いで向かう

夜間担当の方と話して、

もしかしたら破水かもしれないので、こちらに来てください。

と言われたため、はちと一緒に車で産婦人科へ向かいました。

 

最初陣痛の感じがよくわからなかった

コロナ禍であったため、産婦人科へ到着した後、検温をし、陣痛室へ案内されました。

 

はちも一緒に中に入り、陣痛室では、まず破水なのかどうかを調べました。

これは破水していますねー

と先生に言われ、正直びっくり。。

 

今日から正期産なのにもう…!?

こんな気持ちで驚いていたのを覚えています。

 

さらに先生から、

お腹に痛みはありますか??

と陣痛が来ているかどうかの質問をされたのですが、

んー来ているような…来ていないような…(分からない!)

曖昧な感じで返答しました。笑

 

陣痛室では、念のためNSTをし、1〜2時間様子をみて経過観察をすることとなりました。

NST…ノンストレステストの略。赤ちゃんにストレスをかけずに赤ちゃんの心拍とお母さんのおなかの張りを分娩監視装置という機械でグラフ化する。赤ちゃんが元気かどうかを見ることができる。

 

先生からは今日は産まれなさそうと言われていたが…

NSTなどの結果から、

今日はまだ産まれなさそうだねー。もしかしたら2〜3日後かもしれないね。

と言われたため、ひとまず落ち着くことができました。

今日から入院をして、本格的に陣痛が来るまで待ちましょう。

そう先生に言われ、はちは帰宅することとなりました。

 

当時、コロナ禍でもあったため、基本的に旦那が産婦人科に入ることはできませんでした。

 

そのため、本陣痛が来るまでは別々で過ごすことになりました。

 

しかし、、7:30頃の2回目の診察で、

あれ、子宮口が1.5cmから2cmに広がっているね!やっぱり今日中に産まれるかも!?

子宮口の開きが速かったため、先生からそのようなことを言われびっくり!

急いではちにも連絡をしました。

前編はここまでです!

今回は、出産レポの前編をお伝えしました!

破水当日には産まれないと言われていたものの、明け方に子宮口が開き始めたため急転。

 

まさかのその日に産まれることとなりました。

 

後編では、子宮口が開き始めてから出産するまでの流れをお伝えしていきます!

 

最後まで見て頂きありがとうございます!

SNS(twitterinstagram)でも、情報をお届けしております!

ご意見ご感想等ありましたら、お問い合わせフォームよりお待ちしております。