【出産レポ後編】予定日より3週間早く産まれました【無痛分娩はおすすめです!】

こんにちは!はち(旦那)みつ(妻)です!

前回は、出産レポの前編について、正期産前の腰痛や、おしるし、破水などの状況についてお話しました。

当初は、陣痛もないことから、本日中には出産はないだろうと言われていました。

しかし、明け方の7:30の段階で、子宮口が2cmくらいに開き、急遽本日出産するかもしれないと言われました。

今回、出産レポ後編として、明け方から出産までを書いていきます!

 

>>出産レポ前編の記事はコチラ

午前中徐々に子宮口が開き始め…

8:00頃、先生からも、

すごいペースで子宮が開いてきているね!今日産まれるね!

と再度伝えられ、私は期待と不安両方の気持ちを感じながら過ごしていました。

 

徐々に陣痛の感覚が狭まってきました

9:00頃、明け方よりも陣痛の感覚が狭まってきました。

陣痛が来た時は、助産師さんに腰を押してもらったり、揉みほぐしてもらいました。

 

NSTでも、陣痛が来た時は数値が高くなり、

赤ちゃんも頑張っているから私も頑張ろう

そんな気持ちにもなっていました。

NST…ノンストレステストの略。赤ちゃんにストレスをかけずに赤ちゃんの心拍とお母さんのおなかの張りを分娩監視装置という機械でグラフ化する。赤ちゃんが元気かどうかを見ることができる。

 

【無痛分娩の準備】子宮口5cm弱で麻酔を注入

13:15頃、私は無痛分娩を選択したので、

痛みを消すために早く麻酔を入れてほしい

と、助産師さんに何度も伝えていました。

 

しかし、助産師さんからは、

4cmになるまでは麻酔を入れてはいけない

このように言われました。(産婦人科によって異なる場合有り)

 

そのため、私が麻酔を注入したのは、子宮口が5cm弱になった13:30頃のことでした。

それまでは陣痛の痛みを必死に耐えました。。泣

 

麻酔が効かず焦って泣きそうに。。

13:30、麻酔注入後、

早く痛みがなくなれーーー!

と何度も祈りながら、陣痛と戦っていました。

 

しかし、子宮口が6cmになっても、7cmになっても一向に効かず、どんどんと不安になり、終いには涙が出てきました。泣

 

なんと私の場合、

陣痛のスピードが速くて麻酔が効きづらかったそうです。

 

はちにひたすら腰を押してもらいました

13:40分頃、はちが到着しました。

子宮口がどんどんと開き、痛みも増している最中だったので、来てもらってからは、はちにひたすら腰を押してもらいました。

 

よく先輩ママさんが体験記で

もっと押してください!!

と、とにかく押してもらわないと辛いことは知っていましたが、本当その通り。。笑

 

テニスボールよりも、指の方が良かったため、ひたすら押してもらい、その場を凌ぎました。

 

強めの麻酔で陣痛の痛みがなくなりました

14:00:頃、子宮口が7.5cmになってもあまり麻酔が効かず、先生の判断の元、強い麻酔を追加で入れてもらうこととなりました。

もう本当早く麻酔効いてーー泣

こんな気持ちで過ごしていました。

 

やがて、強い麻酔を入れたおかげで20分後くらいに徐々に効き始めました。

 

陣痛はお腹が痛む人と腰が痛む人で分かれますが、私は特に腰が痛く、麻酔が最後に効いたのも腰でした。

どちらから効くかは人に寄ります!

 

麻酔を入れてからは、先ほどの激痛が嘘だったかのようにケロっと過ごすことができ、はちと楽しく会話をすることができました。笑

 

はちは、

さっきと状況が違いすぎて、逆に心配になるよw

と言われましたが、確かにケロっとしすぎていたかもしれません。笑

 

この時も、

無痛分娩にして本当良かったーーー

と安堵していました。

子宮口全開になりいよいよ出産の準備へ

15:30頃、子宮口も9.8cmとほぼ全開になり、いよいよ出産の準備に…

といったところで、なんと麻酔が切れるという緊急事態。。

この時は、また不安が押し寄せ、泣きそうになっていました。

 

再度、強めの麻酔を入れてもらい、30分ほど安静にし、無事麻酔が効いてくれました。

 

この時は麻酔が効いているのでホッとしました

16:00頃、いよいよ分娩台へ!

この時は、麻酔も効いており、先生からも

無痛分娩は、本当に痛くないから大丈夫!

と後押しされ、終始ホッとしていました。

 

はちも近くで寄り添っていてくれて、顔を見るたび安心することができました。

 

私の出産は丁度コロナ禍でしたが、

旦那が立ち会うことができて本当良かった

と今でも心の底から思います。

 

【立ち会い出産】はちに近くにいてもらいながらの出産です

16:22頃、分娩台での準備が完了し、はちも分娩室に入室。

 

いよいよ立ち合い出産が始まりました。

分娩台に乗ってから、腰痛があったものの、アドレナリンが出ていたせいか、あまり覚えていません。笑

 

余談ですが、、赤ちゃんが産まれる直前までは、分娩は助産師1人で対応していたことに、本当びっくりしましたw

せめて2〜3人だと思っていたので…w

 

無痛分娩のためいきみが難しかったです

無痛分娩は、痛みがない反面、いきむタイミングを逃してしまいがちです。

 

私も、助産師さんから

全力でいきんでーー!!

と言われる度にいきんでいましたが、感覚がないため、最初は中々うまくいきませんでした。

 

いきむコツは骨盤を突き上げる

と事前に教わっていたため、助産師さんに指示をもらいながらいきみ続けました。

 

【衝撃】赤ちゃんが出ている時もケロっとしていました

いきみ続けた結果、

いい感じ!!赤ちゃんの頭が見えましたよー!

と言われ、少しだけホッとした気持ちもありました。

 

なんといっても、

一番痛い産道を通っている瞬間も痛みを感じなかったので笑
人によっては、この時旦那と笑いながら会話をする余裕もあるそうですw

 

私はそこまでではなかったですが、周囲の状況を見られる余裕はありましたし、はちの声もしっかり聞こえていました。

 

【結果】9時間のスピード安産で出産を終えました

産まれる最後の最後に、助産師に加え、先生も来て下さり、

もう大丈夫!あと少しだよー!

と声をかけてくれました。

 

そして、、17:03についに、

2936g、49cmの女の子(以下、こみつ)を出産することができました!!!

 

出産後、赤ちゃんの泣き声を聞いた私たちは、感極まって大号泣!

すぐに抱っこをさせてもらい、はちとこみつの3人で写真も撮ってくれました。

 

結果として、9時間のスピード安産で出産を終えることができました!

 

【コロナ禍ゆえ】はちは産後1時間で帰宅させられました

出産後は、コロナ禍もあったため、はちは助産師さんに

旦那さんはそろそろ帰る準備をお願いいたします。

産後1時間で帰宅させられました。

 

はちは理解した様子でしたが、やはり名残惜しそうな表情をしていました笑

 

コロナの影響で入院中の面会もNGでした。。

それもそのはず、帰宅してしまうと、次会えるのが、私の退院時だからです。

コロナの影響で、入院中の面会もNG。

 

私も、入院中は旦那やジジババに会いに来て欲しかったのですが、孤独との戦いでした。。

結局、入院中はLINEのテレビ電話でたくさん話しました。

 

これも良い思い出ということで、こみつが大きくなったら話してあげようと思います!

 

【妊娠〜出産の感想】今日までのマタニティライフを通して

私の妊娠〜出産までのマタニティライフを通して、感じたことをまとめます。

 

今日までのマタニティライフを通して

・妊娠発覚した時は、一緒になって喜んで欲しい!

・つわりのときは情緒不安定になるので、旦那に頼るべき!

・買い物やお散歩など、旦那と一緒に気分転換を!

・妊娠中の不安なことは、調べるよりも、友人などの先輩ママさんに直接聞くべき!

・臨月くらいからは、旦那になるべくそばにいて欲しい!

・立ち合い出産は、個人的にはおすすめ!

・痛みが苦手な方は、無痛分娩も個人的におすすめ

やはり旦那のサポートは大きかったです。

 

私は元々、感情の起伏は激しくないタイプなのですが、それでもつわりの時は

これがいつまで続くの…
もう何もかも投げ捨てたい…

など、情報不安定で泣いたこともありました。

 

しかし、旦那が寄り添い、支えてくれたおかげで、乗り越えることができました。

 

さらに、妊娠中には、様々なマイナートラブルが出てきます。

この症状は大丈夫なのかな。。。

不安になって検索をしても、一般的なことしか書いてありません。

 

そういう時は、友人の先輩ママさんなどに直接聞いてみることが大切です!

 

※ちなみに、私も妊娠発覚から出産までの全てを、体験記としてブログにまとめています!

>>私の「マタニティ体験記」記事一覧

 

その他、お悩みや、すぐに聞きたいことがありましたら、Twiiterでも即日お答えさせていただきます。

>>みつ(嫁)のTwiiterはコチラ

>>夫婦のTwiiterはコチラ

【無痛分娩てどうなの?】本当おすすめなので是非チェックを!【番外編】

先日より、Twiiterで、マタ垢さんなどから、無痛分娩に関する質問が非常に多く寄せられております。

そのため、無痛分娩に関する記事を現在作成しております。

完成次第お伝えしますので、今しばらくお待ちいただければと思います!

 

最後に

前回今回で、私の出産レポをお伝えしました。

 

当初の出産予定日よりも3週間早い、妊娠37週目0日での出産となりましたが、2020年7月28日に無事出産をすることができました。

 

陣痛の痛みはたくさん味わいましたが、無痛分娩での出産を経験することができ、とても良かったと感じました。

私のレポを見ていただき、少しでも参考になれば嬉しいです!

これから出産を控えている方や、産後の先輩ママさんとたくさん繋がりたいので、引き続き、よろしくお願いします!!

 

最後まで見て頂きありがとうございます!

SNS(twitterinstagram)でも、情報をお届けしております!

ご意見ご感想等ありましたら、お問い合わせフォームよりお待ちしております。