4. 再びのレイクタウン

バイト先の先輩との別れ

レイクタウンにお出かけしてから数日後、バイトメンバーでおこなう「お疲れ会」で、皆さんに渡す色紙を書きに行きました。

色紙は、バイトメンバー全員分(約20名)で、はちとみつは、休日の昼にバイト先へ行きました。お互いまったり話しながら書いていたため、終わった頃には夕方になっていました(笑)

当時を振り返ると、「はち→みつ」「みつ→はち」互いのメッセージは特別なものがあり、時間をかけて考えた記憶があります。その色紙は今でも部屋に飾っており、当時の思い出として蘇ってきます。

まあ19歳の文章なので、社会人になって見返すと、変な軽さがありますが…(笑)

スポンサーリンク

バイト先が閉店し、お疲れ会が終わってからも、バイトメンバーは非常に仲が良く、現在もなお、定期的に飲み会を開催しています!

実はここのバイト先、はちとみつ以外に3組もカップルができており、その中の2組は結婚しています!バイト先で出会って、結ばれるって、本当運命ですよね!

再びのデート

バイト終了後も、はちとみつは連絡を取り続け、「2011年3月24日」再びのレイクタウンへデートに行きました。

東日本大震災からちょうど2週間。もちろん営業停止中のところもあったため、開店しているところにぶらっと入ったり、カフェでまったりお喋りデートをしました。もちろん震災のこともあったため、19歳なりにいろいろ調べ、今どういった状況なのかを一緒に見ていました。

そんな3月24日は互いに特別な日でもあります。

日も暮れ、夕飯を食べた後にはちがみつを連れて行った場所は、湖が一望できる展望デッキ。

越谷レイクタウンにある大きな湖の周りは、デートコースとしても有名で、はちはここで、みつに告白をしました。

一年間バイト先で仲良しであったものの、「恋人」になってくれるのかは全く別。はちは何の自信もなかったのですが、みつは快くOKしてくれました!

後から聞いた話だと、みつもみつなりにベクトルは出していたとか。まったくわかりませんでした(笑)

スポンサーリンク

恋人になったその日、終電近くまでお喋りをし、帰ろうとしましたが、はちが引き留め…カラオケオールをしました(笑)本当若いですよね。。。

付き合ったからといっても、カラオケで何かあるとかはなく、正真正銘、朝までずーっと歌っていました(笑)

はちとみつは前から歌うことが大好き!今でもカラオケに行くとお互い採点をして歌っています(笑)

明け方になり、さすがに歌い切った2人は、朝食を食べてそれぞれ実家へ帰りました。

こんな感じで…

はちとみつのお付き合いが始まりました